IMG_4260aJR秋葉原駅電気街口から徒歩1分の場所にある「秋葉原ラジオ会館」(本館)は、現在建て替え工事中。完成は来春予定だが、今月に入っては日々劇的な変化を遂げている。これまでの地下の基礎工事が完了し、現在は地上部分の建設に入っている。本日現場に潜入したところ、すでに5階分の鉄骨が搬入され組み立てられていた。


毎日多くの資材がトラックで搬入され、それに比例して地上部分の構造物が建ち上がっている。

IMG_4238a

現在組み上げられているのは北側(建物正面)と西側のエリアで、3階までは床面の施工が進んでいる模様。

IMG_4241a

写真奥になる北側では、5階部分の鉄骨組み立てが行われていた。ちなみにこの3階までは、すでに設置された非常階段で上がることができる。

IMG_4239a

鉄骨の柱は、各フロア分がパーツとして運び込まれ、現場で縦につながれていく。先ずは、ジョイントパーツを使って、位置決めと仮接合されている模様。

IMG_4255a

接合部にあるテーパー状になった溝を溶接によって埋めながら、一本の柱に仕上げていく。1階部分は溶接幅も広くて3㎝もあり、1本の柱を仕上げるのに半日かかるそうだ。

IMG_4248a

溶接が終わったところ。ジョイント用のリブごと切り取ってある。

IMG_4257a

打コンまで終わっている地下では、内壁の施工がすすめられ、なんとなく間取りがうかがえる!

IMG_4250a

この階段は、正面エントランスから地下1階のショップへと降りるためのモノ。

IMG_4252a

現在建ち上がっているのは敷地の半分足らず。全エリアが建ち上がってくるのは12月に入ってからになりそう。来春完成を目指して、計画的に作業が進められて行く。